医学部受験のために東京で予備校に通う場合にかかる費用について

医学部 予備校 東京

医学部受験は厳しい受験戦争の中でも苛烈を極める狭き門です。戦いに挑む受験生を支援するため医学部の専門予備校が存在します。大手予備校などの医学部コースとは異なり、医学部の志願生だけを集めて徹底した対策を行う専門予備校です。こうした専門予備校では、医学部受験に重要な科目を重点的に学ぶことが出来るほか、周囲も医学部受験生という環境で高いモチベーションを維持することが出来ます。東京には四十校を超す医学部の予備校があり、特に渋谷区などは激戦区と呼ばれています。それゆえ予備校側も実力のある指導者を雇い、生徒を獲得しようと乗り出しています。レベルの高い指導者が日本中から集まる東京なら、自分に合った予備校が見付かるはずです。ここでは東京都内の医学部の予備校に通うメリットやその費用について解説します。

東京都内の医学部専門予備校が優れている理由

最初になぜ東京が医学部の受験に最適なのか説明します。東京都内には医学部を設置している大学が私立を含めて十三校あり、国内で最も多い数字となっています。医学部受験生にとってはオープンキャンバスなどの学校説明会にも足を運びやすく、より多くの大学の空気に触れる機会が多いと言えます。また、入試の際にも有利な点があります。地方の大学の医学部が入試を行う際、東京に会場を設けることが多いのです。都内に拠点を置いていれば、併願のため全国各地を飛び回る必要がなくなります。首都である東京には全国の医学部の情報が集まって来ますので、情報収集にも事欠きません。さらに、先述したように講師陣のレベルの高さも随一です。事実、東京都内の医学部専門予備校には、関東圏はもちろん、北海道や沖縄などの遠方から上京して通っている受験生も居るほどです。

東京都内の医学部専門予備校の授業料

医学部の予備校に掛かる費用はまちまちですが、一般的な予備校に比べるとやや高額とされています。これは少人数制や個別カリキュラムを実施している予備校が多いためで、生徒数の多い大手予備校などと違い一人当たりの授業料を高くせざるを得ないのです。実際に掛かる費用としては、年間100万から300万円程度が相場の価格帯です。中には500万円を超える予備校もあります。決して安いとは言えませんが、授業内容は値段に見合ったハイレベルなものになっています。また、医学部受験は多浪も多いため、予備校に通うことで現役合格出来れば結果的に節約に繋がります。授業料を少しでも安く済ませたいという方は、特待制度の利用を検討してみてもいいでしょう。東京都内の多くの医学部専門予備校で見られる制度で、成績優秀な生徒の授業料を免除するなどの特典を認めています。