東京で医学部を目指す方が予備校に通う前に知っておきたいこと

医学部 予備校 東京

地方に住む医学部を目指す受験生は、大手の予備校の医学部コースに通う方が多いですが、合格できなかった場合、東京の医学部の予備校に通って浪人時代を過ごします。最初に大手予備校に通うのは、知名度が高い、友達が通っているからなど、安易な理由で通うことが多いです。そのため、現役時代は成果が出ずに、その後初めて真剣に学習環境について考え、医学部曜日校に通うことになるのです。医学部の予備校が人気なのは、少人数指導と徹底した学習管理にあります。生徒が少ないため、先生との距離が近いです。丁寧な指導を受けることが出来、いつでも質問が出来るため、分からないところをそのまま放置することもありません。先生側としても、生徒一人ひとりをしっかり把握できるため、その生徒に合わせた指導やアドバイスが出来、着実な学力アップが図れます。最初から医学部予備校に入っていれば、合格する確率が上がります。

医学部予備校が東京に多くある理由

医学部の予備校が東京に多くあるのには、理由があります。東京は日本の中心であるため、企業の本社も東京にあり、人口も最も多く、流行や文化も東京から始まります。教育についても同じであり、国内最高の大学は東京大学であり、東大合格者も東京の高校生が最も多いです。小学受験から力を入れている東京は、塾の状況も活気があり、質の高い優秀な人材は東京に多く集まってくるのです。医学部予備校が東京に多いのは、それだけ競争も激しく、お互いが質の高い授業を提供しようとする環境があるので、予備校のレベルの底上げになっているのです。現在は、少子化問題が深刻ですが、予備校も生徒の取り合いです。情報が容易に手に入るので、実績のない予備校は淘汰されていきます。多くの実績を残す予備校が生き残っていきます。そんなレベルの高い予備校を求めて全国から人が集まります。

地方出身者が東京の予備校に通うなら入寮がお勧め

地方在住の医学部を目指す受験生が、東京の予備校に通う場合、住む場所を確保する必要が生じます。生活拠点になるのは予備校自体の直営寮、提携寮、マンション・アパートの3パターンです。一番良いのは、医学部予備校の直営寮です。マンションやアパートになると、費用も高く、食事なども全て自分でやらなければならないので、生活が不規則になりがちです。また、他の生徒や友達のたまり場になり易く、勉強の環境に悪い影響が出るので、避けた方が良いです。提携寮の場合も他の大学生や専門学校生と共同生活を送る場合があるので、勉強の支障になったり、騒音などのトラブルにあう可能性もあります。その点、直営寮なら入居者は予備校生だけなので同じ志を持っている方たちと切磋琢磨することが出来ます。地方出身者の受験生は、直営寮を完備している予備校を探すことをお勧めいたします。

医学部受験の予備校として確かな信頼と実績があります。 富士学院では勉強の気分転換の為のリフレッシュタイムを設けています。 富士学院はご希望に合わせて個別指導とクラス授業を選べます。 医学部受験のための予備校として質の高い授業を行っています。 少人数制授業なので生徒一人ひとりの現状把握が可能です。 富士学院は高い講師採用基準を設けて厳選して採用をしています。 医学部予備校を東京でお探しなら富士学院へ